これから.platform

これから。自分の時間を、太くたくさん、多次元へプラットフォーム.snp

構成案の重要性。

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 映像制作の構成案の話です。

 

構成案。需要はとてもあるというか、

構成がなくて、この世に存在するものはありません。それは、

DNAレベルからスタートしています。

ちいさっ!

遺伝子さんも、構成があって、

こうやって発現してね。ってところを経てタンパク質さんになったり。

 

映像の構成で、一番大事なのは、

もちろん次元といいますか、映画とか芸術に近づくといくらでも気にしなければならないこと、じゃなくて、むしろ

どれも否定できないそれぞれの見方考え方があるので、そこはとりあえず、ここでは語りませんが、

作品として考えた時と、

とにかく撮影した一般の映像。

 

の、大きな違い。 

構成の大きな違い。

 

 映像作れって急に言われて困っている

 

それは、どれだけ

捨てられるかです。

まあ編集ですね。編集の会社で仕事をしているのでほぼ、同義語くらいに思っています笑

 

捨てられるか。せっかく撮ったものを捨てられるか。10個アピールしたい長所があっても、場合によっては1つに絞ることができるか。

 

捨てる努力ですね。

それが、構成の肝です。第一段階です。

 

もう、ここの捨てられるか。って部分だけしっかりやれば、ソコソコの物には見えます。

いい感じです。だってすごい難しいですから。

簡単そうで全然簡単じゃないです。

引っ越し前の断捨離より難しいです。

初恋の人の思い出を捨てるくらい難しいです。

盛りました。

 

でも、せっかくつくるのに、

あれもこれもってやってるやつが、

12時間くらい撮影したのに、

結局使うのは5分とか。

でも、それで30分とかの映像作ってもだれもみてくれないです。

2時間だったら、すぐスキップです。

 

とにもかくにも、そこを徹底できるか、

決定権を持った人が、最初に決めたルール、

最初に伝えたかったことを、初志貫徹、

貫き通すことができるか。そこにかかってると思います。

それを、設計図として、構成台本に反映して、そこからできうる限りぶれない。

 

 

それが本当に難しい笑

 

あとは、

魅せ方とか、演出的な構成は、

プロに任せましょう。

1つ言えるのは、

もう、焦らしとか、ちょっとずつとか、

一番いいのは最後にもってくるとか。

そーゆー、骨太の、人間の感情に寄り添った丁寧な構成は、ほとんど受け入れてもらえません。とにかく、見せ場の連続。

今は頭から見せ場、見せ場、見せ場!

 

主役が頭20分出てこないとか無理です。

膨らみを持たせるサブストーリーで、

くらいマックス前の主人公の葛藤による足踏み感。など、もうまってくれません。

お金払ってみているお客様でも、けっこうしんどい部分あるだろうし、Web動画なんかは、

すぐスキップです。

頭から見せ場。ん???っていう、掴み。

そこが一番大事です。

 

まとめると、

1、とにかく捨てる勇気。

2、頭からクライマックス。

 

この2つ。これだけ意識して、

考えましょう。それで、これどっちなんだろなぁ。。入れていいのかなぁ?どこに入れられるんだろう?って部分は全部捨ててしまいましょう。最初は。

あとで、政治的な理由で入れなさい。とか出てくるので必要な部分は。

話が面白くなかった社長のコメント少なすぎるから、あと5分は追加して。

 

とか、言われるんですよね。

結局口出しする人が一人でも少ないのが一番いい作品になります。政治はしょうがないですけど。つまんない人でも、主役は主役です。

でも、ホームビデオの考え方ですけどね。笑

 

なんやかんやで、

最終的に、構成を考えてくれる人が制作会社の人にいても、そこらへんのテンションを共有できていれば、話は早いし腑に落ちます。

 

しっかり考えて、考えたものを捨てる勇気。ほれをしっかり持ちましょう。

 

 

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 

 

 

仕事としての初めての映像制作!動画広告!クライアントとしてがんばる!編 scene8 構成案。映像制作会社と映像中身を決めていこう。

 

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 の続きです。

 

全体の流れの中でいえば、

 

まだまだ前半です。撮影もしてないです。

台本つくりましょうね。ってところです。

 

大元のポリシー、野望。

そもそもの動機。

 

構成ってすごい大事なんですよ。

むしろ一番大事です。

映像全般。映像じゃないか、クリエイティブいかかわるもの全てに言えます。

構成が一番大事です。

 

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 

 

 

クリエイティブな、創作物は会社にとって財産です。

あるべきだし、それはもちろん商品もそうです。

しかし、そに周りにある、映像であったり、全員で共有している志であったりいたします。

 

一定の行動パターンの中で、流れていく時間と、時間を積み重ねて得られる仕事の楽しみ。

遠い未来。いいことがあるっていう信念と、強いイメージから具現化していく過程でのそこにある映像。

よし、映像を作ろう。

 

動画だ動画。

強い気持ちで作っていこう。

そこで必要なのが制作会社。

 

自分から、法人の言うなの自分から離れて勝手に働いてくれる動画さん。

ネット上でどう価値を生み出して行くか。

どれだけテキストを積み重ねていっても、最後の一押し、認知、検索から、

最後のだめ押しがなければ、

カスタマーは動きません!!動かしましょう!圧倒的なクオリティの映像で。

そこはやっぱりプロの力が必要です。

構成で差がでますよね。

 

cut2に、続きます。

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 

 

 

仕事としての初めての映像制作!動画広告!クライアントとしてがんばる!編 scene7 お金の話ですね、はい_CUT2

 

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 

 の、続き。

ケーススタディです。NHKの外国語番組みたいな感じです。

 

急に映像つくれって言われた物語

 

映像のことよくわからないのに、なんか動画つくれって言われた人たちの物語。

登場人物

  田戸江 純(28)「たとえじゅん」会社員

  岡見夢菜(30)田戸江の先輩

  野本英雄(35)田戸江と夢菜の上司

 

映像制作会社に来た、田戸江純と岡見夢菜と野本英雄。

打ち合わせを初めてヤーマンのくだりが落ち着いて、

お金の話をしようと、切り出そうと、そこしか、そこだけが気になる野本部長と、

関係ないね。って柴田恭兵みたいな空気感を出している田戸江と、

まじめなふりしてこのあとどこでピザ食べようかしか考えていない夢菜。

 

◯映像制作会社・はしっこのテーブル

  缶ビールを飲んでる野本、田戸江、夢菜。

野本「すいませんね、僕たち困ったことにまったく酔わないんですよ」

夢菜「酔えと言われれば酔えますよ、仕事ですか?」

田戸江「うちも、来客用にビール冷蔵庫に準備しておいたほうがいいんじゃないですか」

夢菜「ピザとります?」

野本「自腹な」

夢菜「え、じょうだんですうー」

田戸江「悪酔いしそうですけど、お金の話しなきゃですよ部長プレゼンテッドバイ野本」

野本「案外ただの呼び捨てだからね、気をつけろよ」

夢菜「じゃあ野本部長は給料いくらなんですか」

野本「え、本気で意味わからない」

夢菜「ざっくばらんに」

田戸江「ざっくばらんに」

野本「違う違う。さらけ出す部分違う」

田戸江「変態」

野本「田戸江も進む方向違う」

田戸江「パワハラ!」

夢菜「ハラつければいいと思ってんじゃねーぞ小僧!」

田戸江「はい」

夢菜「ごめん酔っちゃったしね」

田戸江「帰ってもいいですか」

野本「まてまてまて。よく、うん。よく今疑問系で踏みとどまれたよ。成長したな。ちょっと前の田戸江なら、帰ってもいいですか。じゃなくて、帰りますウケる。だったよなすごい成長だよ」

田戸江「褒められて伸びるタイプなんで、そこのシカバネ夢菜と違って」

夢菜「まあ一回は流しとくよ人様の会社だから」

田戸江「欲求不満」

夢菜「帰ります」

野本「ちょちょちょ。いや、ほんと岡見さんも成長したよ、先月の岡見さんだった冷蔵庫に並んでた缶ビール全部田戸江に投げつけてたよね。田戸江の命より大切なスマホとか冷蔵庫の上の電子レンジに投げ入れてチン!してたよね」

田戸江「まじ埋めますよ」

夢菜「素人童貞」

田戸江「興味ないだけなんで同じ欲求不満の猿だと思わないでくださいここで発情しないでくださいねカメラ持ってる男にウケる」

野本「ほら、今日は敵はさ、お互いじゃないからさ」

夢菜「え、別に眼中にないですようちの万年新人君、例えていうなら、使えない田戸江。ウケる」

田戸江「あー。地雷ふんじゃいましたね」

夢菜「ロンバケのキムタクみたいな感じで言わないで。けがさないでそのささくれみたいな声で」

田戸江「うぇーー」

野本「え、なんで急にそんな弱くなるの?張り合ってたじゃん」

田戸江「田戸江の例えー。って小学生時代にいじめられて、まちがえた小学生から高校二年まで。あ、高校時代はみんな悪意のないオチョクリだったんですけど、僕もこどもでした、ふふ」

野本「うん。心が叫びたがってるな」

夢菜「ピザ頼みます?」

野本「いいですかね。ピザ頼んでも、食べたら帰りますから」

夢菜「野本先輩ごちそうさまです」

野本「うん。でも今日は3枚ね」

田戸江「僕今日デートなんでいらないです」

野本「うん。予算的にも岡見さん二枚でいいね」

夢菜「ピザの予算ケチっていい映像が作れると思ってるんですか」

田戸江「映像はどんと行きましょうよ!」

野本「おお。大きな声出せるんだな、田戸江! 成長だ!」

田戸江「褒められてレベルアップするんで」

夢菜「あたしだって褒められたい」

田戸江「お金払ってそういう男雇えばいいじゃないですか男と縁がないんだから」

夢菜「うぇーーー」

野本「な、ピザ、ピザ五枚!いや、今日も10枚!」

田戸江「映像もフルスペックで、がんがんいきましょう、ね」

野本「ああ。もうどーんっと、一番大事な取引先なんだそんなケチケチしたものつくれないから、どんと。いきましょうね!」

夢菜「あ、先に見積書っていただけます?」

野本「堅実」

田戸江「そういうところリスペクト」

 

 

つづく。

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 

仕事としての初めての映像制作!動画広告!クライアントとしてがんばる!編 scene7 お金の話ですね、はい

 

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 

 の、続きです。

 

付き合いの問題だと思うんですけどね。

お金の話。先に決めて話すのか、あとで話すのか。

 

初めて映像をつくる。そして初めての会社に依頼する。

なので見積もりとかだしてもらって、トラブルや、

続きを読む

仕事で依頼するのにオススメ映像制作会社&オススメWEB用動画制作&

格安予算からテレビCM納品とメイキング撮影会社も紹介

オススメ一覧