映画宣伝業界で働くと、変な人にぶつかります

日常目にする変な人たちの話。映画宣伝の裏話や、実際の仕事の流れとか

オススメの映画予告『ヴェノム』_勝手に観た気になって語ろう

なんか怖いビジュアルのヴェノム。

 

ウにてんてんが付くのって好きな人いますよね。ヴェ。

 

エヴァ(=゚ω゚)

 

うん、エヴァンゲリオンくらいしか思いつきませんがw

 

ということでヴェノム。

 

予告編1。なので一番最初に作られたやつですかね?

映画『ヴェノム』予告 (11月2日公開) - YouTube

 

いやー、

ダークヒーロー。(=゚ω゚)笑

 

『ヴェノム』の予告編を観て、観た気になって語ろう

 

昔は、日本と海外で、

予告編て全然違ったんですよね。

日本で勝手につくってよくて。

今は、テロップくらいだったりするんですよね。本予告は。

 

他のプロモーション映像は、

わりと使えたりするんですけど。

 

そーそー。予告編作るってことは、

本編データを、相手に渡さなきゃ行けないんですよね。

 

例えばこのヴェノムだったら、

ソニー・ピクチャーズかな?が、映画作ったとして、その本編データを、

 

アメリカのスタジオの人が作るわけですが。

そこから、さらに日本のスタッフに本編映像を渡すと。

 

んなことできるかい!って話になるわけですよね。とくに、同時公開の場合は。

 

同時じゃなくても、もらえないですけど。てかそもそも、やたらめったに渡すことできないのが、普通で、とくに今みたく簡単にデータ化できちゃう時代に。

 

それが、普通ですよね。

 

当たり前。って全然違う話だ。

 

ヴェノム。

 

 

まず、2分35秒。

 

 

ながい!!やっぱハリウッド!

 

日本の予告は1分じゃないと流してもらえませんw

 

そうなんです、長いとそもそも流してもらえないんです、尺が決まってるから。

あの、上映前の尺。

 

だからだいたい1分とか90秒でとか

 

んーん。

 

そこを2分半。

すごい。

 

ちなみに、スタジオジブリの予告編というか、プロモーションは、5分くらいですw

 

つよいよねー。

 

予告編は、まず三ヶ所みます。

 

オープニング、真ん中、ケツ。

オープニング。

 

「後悔させてやる」

 

おー、ダークヒーロー(=゚ω゚)

 

なんでしょ。

ダークヒーローってなんなんですかね。

 

アメリカって、ダークヒーローすごい求められてる気がするけど。

 

スパイダーマンの敵みたいですね。

 

ちょっと前までは、

スパイダーマンだったんです。ヒーローは。

 

迷ってるヒーロー。

 

何が正しいのか。

これでいいのか。

 

アメリカはこれでいいのか。

僕みたいな弱い人間が、力をもって…

 

ヒーローってなんなんだ!

 

っていう。

 

アメーリカ!! 

とっとり!

アメーリカ!!

 

みたいなやつです。

 

でも、今は違います。

 

「後悔させてやる」

 

です。

 

後悔させてやる。(=゚ω゚)

 

 

そのまま、ミッドポイント見てみましょう。

 

1分20秒。

 

主人公は、走りドアを開け、新たなステージへ。

 

「気分が悪い」

 

そうです。

変な生き物に寄生され、

 

怪物になります。

 

うちなる声に支配されていきます。

 

あんまり、お前暴れるなよ!

なんて主人公はいいますが、

 

うちなる声は強いです。

 

 

おれに指図するな。

 

 

真のアメリカは、どちらでしょう。

 

 

取り憑かれた男がアメリカなのか。

 

内側から支配しようとしている声がトラン…間違えた、アメリカなのか。

 

後悔させてやる。

 

というメッセージは、誰に向けてなのか。

 

うちなる声。

怪物から、誰に向けての声なのか。

 

 

ラストです。

 

 

解き放たれた、

悪意が

増殖する。

 

 

誰の悪意なのか。

 

誰に向けての増殖するのか。

 

「お前は誰だ?」

 

「俺たちは、ヴェノム」

 

 

俺たち…

 

 

増殖する悪意は、どこに向かうのか。

 

そんなことを感じずにはいられない、

すっばらしい予告編です!!

 

 

あめーりか!!

あめーりか!!

 

 

増殖する悪意はどこに向かうのか!!

 

公式サイト

映画『ヴェノム』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ