超絶激務な映画マンのみんな喜ぶ仕事の進め方

一番大事なのは時間だ。超絶激務な映画人のスケジュール管理術&時間と価値の作り方

誰も教えてくれない_仕事を早く終わらせる方法を知る本

f:id:memento377:20190123081411j:plain

 

今日も、誰かのために時間をたくさん使って、1日が終わりませんでしたか?

 

1日のうち、時間は大きく2つにわけることができます。

 

1、自分のために使った時間

2、誰かのために使った時間(仕事の時間)

 

今日、どれだけ自分のために時間を使いましたか?

 

 

この記事では、自分の時間を取り戻すためのノウハウが紹介されている本を紹介します。

 

この記事は、1日の自分の時間を意識して、取り戻すために行動を起こす良いきっかけになると思います。

 

 

それでは、「限りある自分の為の時間」を強く意識させてくれる良書。

紹介していきます。

 

 

オススメ良書01

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である Kindle版

著者・中島聡

f:id:memento377:20190123082558p:plain

 

Satoshi Nakajima (@snakajima) | Twitter

メルマガでも有名な中島聡さん。

 

プログラマーとして米マイクロソフトの本社で働き、

Windows95の開発に携わった方です。

 

本読の冒頭に、中島さんの紹介として書かれているのが、

「右クリックと、ドラッグ&ドロップ」のベースを作った人。ってことらしいです。

すごいですよね。

 

本書の中で書かれているメインテーマは、「スタートダッシュ」。

 

とにかく中島さんは、スタートダッシュをしろと。

終わりよければ全て良しじゃなく、始まりよければ全て良し。

 

メルマガでは、モビリティやシンギラリティの話題やイーロン・マスクなどのテクノロジーの最先端にいる人の話題が多いです。

世界で起きている出来事など、俯瞰して追っています。

 

そして、圧倒的アウトプット力の方です。

 

結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術

f:id:memento377:20190125003154p:plain

 

 

このアウトプット量と、毎週休むことなく、遅れることなく続くメルマガから読み取れるインプット量。

 

中島さんの時間コントロールのノウハウを感じることができる本になっております。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である Kindle版

 

オススメです。

 

 

 

オススメ良書02

知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略

f:id:memento377:20190125003614p:plain

2018年11月にでた本です。

著者は堀正岳さん。

Amazon.co.jp: 堀 正岳:作品一覧、著者略歴

 

Twitterアカウント

堀 正岳 ❄️「知的生活の設計」増刷 (@mehori) | Twitter

 

そして、この本は第一章公開されています。

最近、SNSアカウントと連動して一部を公開したり、全部公開したりというマーケティングが多いです。

 

lifehacking.jp

 

「日々の知的積み上げによって、人生のクオリティを上げていこう」

という本です。

 

そのアプローチが多角的に書いてあります。

 

仕事を早く終わらすということは、仕事をスタートダッシュよくはじめて、

より良く組み立てるということです。

 

早く終わらせる設計ができれば、仕事を早く終わらせるゴールが見えてきます。

 

 

そして、より具体的なタイトルでいきますと、

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

f:id:memento377:20190125004802p:plain

より具体的にライフハック術が書かれています。

 

「一瞬で使える、一生使える「武器」をあなたに――。」

 

こちらの本も、人生を時間を管理し、組み立て、効率を高め人生をより良くするための情報が数多く書かれています。

 

オススメです。

 

小さな習慣を積み重ねて、

時間を組み立て、効率よく仕事を進める習慣を身につけていきましょう。

 

 

オススメ良書03

伝え方が9割

 

f:id:memento377:20190125010120p:plain

 

2018年1月アマゾンベストセラー1位の本です。

シリーズとしても100万部を突破しています。

 

著者は佐々木圭一さん。

Amazon.co.jp: 佐々木 圭一:作品一覧、著者略歴

 

こちらの本、

まんがでわかる 伝え方が9割 Kindle版

 

f:id:memento377:20190125010349p:plain


 漫画版も発売されていています。

本からなにか得たいときに漫画から入るのはとても良いアプローチだと思います。

 

 

仕事が早く終わらない原因の上位、もしかしたら1位かもしれない原因の一つに、コミュニケーションというのがあるのではないでしょうか。

 

一つひとつのコミュニケーションがもっとスムーズにうまく機能していれば、

言葉が伝達されていれば、仕事の効率も上がっていたのではないか。

と、思うとき、たくさんありませんか?

 

まさに、上の人、下の人。それぞれにどのように言葉を選び伝えたらいいか。

 

そこのノウハウが書いてある良書です。

 

声を大にして言いたいのは、

 

結局自分一人だけ仕事が早かったとしても、

仕事全体は終わらない。ということです。

 

仕事の半分は人間関係です。

そして、本来は仕事を早く終わらせる方法は、同じ職場の上の人に聞くのが一番なのかもしれません。

 

その会話のきっかけとなる一言が、この本の中に眠っているかもしれません。

 

 

オススメの良書04

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

f:id:memento377:20190125011350p:plain

こちらもTwitter&ブログで超有名なふろむださん。

Amazon.co.jp: ふろむだ:作品一覧、著者略歴

 

 

家入一真が考える「お金が集まる人」の条件は、“サッカーでボールが回ってくる人”と同じ!?|新R25 - 20代ビジネスパーソンのバイブル

 

この記事を読んだときにも感じたし、

もちろん、ここで紹介している本を読んだときも感じましたが、

 

まずボールを貰うことが大事だと。

 

そしてそのボールを貰うには、R25の記事ではボールをGIVEする人にボールが集まると書いてあり、ふろむださんの本には、錯覚資産(その人のことを何割か増しにみてしまう状態)を高めれば自然とボールは集まる、というようなことが書いてありました。

 

仕事で考えてみると、

仕事の一番大事な部分の動線の上に立ち、起点として動けばそこに情報が集まり先手が打ちやすくなる。先手を打つと自分のペースに持ち込みやすくなるので

仕事がコントロールしやすくなる。

 

この仕事を自分のコントロール下に置く。というのは、

ここで紹介している本を何冊か読んでいただければとても大事なことだというのがわかるはずです。

 

それはそのまま、仕事の効率化にも繋がりますし、

認知バイアスをゲットすれば、

 

なにより、コミュニケーションがうまくいくことが飛躍的に増えます。

 

この人はこの仕事を進める上で重要な人だ。と相手に思わせた時点ですべての情報が集まり、コミュニケーションの起点になることも可能です。

 

そして、一つひとつをロジカルに組み立て、

相手に敬意をもってしっかり伝え、スタートダッシュを決める。

 

仕事がうまく回ってくれば、さらなる「錯覚資産」ゲットの可能性も大きく生まれてきます。

 

この、本を読んで錯覚資産を意識できてくると、

物事がうまく回ってくるかもしれません。

 

「誰でも使えるずるい武器」を手に入れましょう。

 

 

オススメの良書05

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

f:id:memento377:20190125014353p:plain

最後は佐藤航陽さんの著書。

Amazon.co.jp: 佐藤航陽:作品一覧、著者略歴

 

直接仕事の効率化につながる話ではないかもしれません。

しかし、これからの価値について書かれています。

 

 

時間というものが、どれほど価値の高いものなのか。

 

 

時間への価値を本書を読んで、再発見しましょう。

時間への考え方が変われば、自ずと仕事のスピード感が変わってくると思いますし、

まわりの人間を上手に活用して、時間の圧縮、時間の展開を試みると思います。

 

なにより、仕事の時間を大事にすることによって、自分の時間を更に大事にすることができますし、新たな時間を生み出すことに貪欲になれると思います。

 

そして、これからの仕事にもつながる、新しい時代の価値とはどういうものなのか。を、とても論理的な話の中でわかりやすく伝えてくれています。

 

大きく時代が変わっていく中で、何に価値があって、

どこに大きくコミットしていけばいいか。

 

そのこれから自分がどんな方向に進んでいけばいいか、

大きな方向性を与えてくれるような本です。

 

そして、この本で得た新たな物差しは、

仕事を進める上で、常に価値を意識するようになり、

 

より本質的な的を得た作業工程を意識的に組めるようになってくると思います。

 

 

もしかしたら、「考え方に影響を与える」という視点でいうと、

この「お金2.0」が一番強いかもしれません。

 

あ、もちろんお金とは。という話が大きいですが、

そのベースがお金とは共同幻想であり、信用である。という話になっています。

 

共同幻想で信用でなりたっているものは、お金であり社会であり、そして会社です。

 

「仮想通貨」の話も出てきますし、そういった一つひとつにものの捉え方が研ぎ澄まされていき、仕事の上でも取捨選択がスムーズに行えるようになるのではないでしょうか。

 

オススメです。

 

 

「誰も教えてくれない_仕事を早く終わらせる方法を知る本」まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

すべての本に共通して言えるのは、

とてもロジカルです。

 

仕事もいかにロジカルに進められるか。そこが大事だと思います。

 

なので、考え方の本屋、伝え方の本、ブランディングの本、そして効率よく人生を仕事を組み立てる本と、様々な角度から紹介してみました。

 

一人ひとりが人生を、そして時間を大事にして生活をすれば、仕事をすれば、

社会はより良くなっていきます。

 

あなたが、ロジカルに効率よく組み立てて仕事を回せば、

あなたの周りの人たちは、早く仕事を終わらせることができます。

 

そんなあなたにはより良い仕事が、錯覚資産とともに舞い込んできます。

 

そして、あなたは信用というこれからの時代とても大事になってくる価値を手に入れ、そして多くのことが機能し始めれば、人生で有限であり決して増やすことのできない、時間をより多く自分のために使うことができるようになります。

 

 

ぜひ、仕事を早く終わらせて、

自分の時間を手に入れましょう。

 

そのきっかけに、この記事がなればよいなと思います。

本当にオススメの本です。

 

ぜひ、読んでみてください。