人生、リズムとタイミング

人生には、出会いとストーリー、シナリオと映像芸術が必要だ。

シロちゃんはスピッツかも理論でいうと荒野champは香港空港

mosomoso.hatenadiary.jp

crypto-b.com

シロちゃんについてよく考える。

僕は勝手に犬だと思っていたけど、そうじゃないっていう人もいる。

 

いわゆる世界線である。

 

様式美ごっこによる、お盆休みのなんとも言えない、完全に黒でない影に怯えて。

 

棚にもない理論、そして空港閉鎖。

飛べないオクラはただのアボガドとはよく言ったものだ。

 

シロちゃんに聞いたわけではない、サザエさんみたいな髪型のお母さんに聞いたのかもしれない。

憧れは何処へ。

 

犬だとして、そこにスピッツという可能性が残る。それが現実だ。

シャーロックホームズの見過ぎだ。という荒唐無稽な荒野行動は受け付けない、むしろフォー!!でる。

 

飛べるものなら飛んでみたいね。

落ちない保証がないなかでな。

 

落ちる前提だから飛びたいと思うし、

それはきっと飛べないことへの、アストロズなわけである。

 

独白。

 

彼はきっとこういった。月曜日から夜更かしするなんて。ある意味チャンピオンに、なり損ねた僕にとって慰めである。

 

荒野champ。ジャケットでもチェキに移ればよかったか?移るってことは、僕の存在に傷が付くってことだ。

 

言えることは、なんでも言いたい事を言えばいいってこと。そこに曜日は関係ない。

 

もしかしたら、この世界は牛のお腹の中なのかもしれない。

 

それはマツコデラックスにも、村上くんにもわからない。夜更かしなんてするもんじゃない。

いくらお盆だからといえ、むしろお盆のうしみつどきは、

 

モッツァレラチーズに蜜をかけて、

うしみつ…そんなジョークはトランザクション無視。

 

警戒に、軽快。仕事量的には、

シロちゃんのガバナンスは、シロ。そして、ゆはりスピッツではなかった。

 

なぜなら、彼には犬小屋とポケットが付いていたのだから。

 

まるでワンダーランド。ワタアメかテロメアか。生きとし生けるもの、

 

チェリーに捧ぐ。

 

君を忘れない。