これから.platform

これから。自分の時間を、太くたくさん、多次元へプラットフォーム.snp

動画のこれから。映画と動画、観ると作るに差がなくなった先に

お金の流れが劇的に変わってきている。

複雑になったというよりは、

とてもシンプルになってきている。

 

自分にとって価値のあるものに、

直接、「信用」でできた「お金」という名のトークンを

渡すことができる。

 

クラウドファンディングなどは、まさに現在、お金の動線の先端である。

 

pencre.com

 

例えばテキストと動画ってめっちゃ相性いいと思うんですよね。

news.livedoor.com

 

映画2時間は長いし、

映画と動画の差がなくなっている。なくなったというか、

そこに差を求めてない人が多くなったんじゃないか。

 

digiday.jp

 

短い尺の、動画っていうのが

一番キャッチーな時代に突入していると思う。

映画館も映画をやるためのハコじゃなくて、

たまたま人があつまるハコがあって、そこで映画ってオプションがあるよ。

 

って状態になっていくんじゃないでしょうか。

今はテクノロジーの力をつかって、

 

アトラクション映画みたいなジャンルになってますよね、劇場がアトラクションで。

それが、劇場全体がアトラクションでって。

もー半歩ディズニーよりの発想。

テクノロジーでせめるなら、そんな感じが近い未来かと。

 

もちろん、ハコに行く必要もなくなるってパターンもありますが。

 

動画は、つくるものです。

時代の流れが、

動画(プラットフォームとしての、もしくはテクノロジーとしてのVRしかり)と音声(こっちの方が進んでる)、そしてそこで流れるトークンという価値。

 

ワーナーの方向いいなぁ。

ワーナーが大ヒットするかはわからないけど、

二番手以降で大ヒットは必ずするでしょうね。

 

 

 

mosomoso.hatenadiary.jp

 

 

仕事で依頼するのにオススメ映像制作会社&オススメWEB用動画制作&

格安予算からテレビCM納品とメイキング撮影会社も紹介

オススメ一覧