映画宣伝の仕事は予告編だけじゃない。と語る映像制作マンのヒビスケ

ハーフフィクションドキュメンタリーエッセイです笑 なんでもかんでもやる映画宣伝の仕事。映画のメイキング撮影もインタビューも予告もなんでもやります映画がヒットするまでは

映画宣伝プロデューサーの仕事が動き出すのはいつなのか?

前の記事。

一本の映画ができる中でのざっくりした映画宣伝の流れ01_映画の立ち上がり - 映画宣伝の仕事は予告編だけじゃない。と語る映像制作マンのヒビスケ

 

映画宣伝プロデューサー、始動

 

 

ケースバイケースを話してると一向に進まないけど、ゆくゆくは、具体的な話をしていきたいわけで、でもその前にある程度ポピュラーな話を一発しておくと、

 

そのあと、わりとすんなり受け入れられるので、そんな方向でカチンコ入れておきますチョーク多めで。

 

未だにチョークでカチンコに書き込む現場は過半数以上。

 

ということで、

 

映画宣伝プロデューサーが動き出すタイミングは、千差万別です。

 

以上です

 

 

(=゚ω゚)

 

 

うそです。

 

 

すっごいざっくり、

映画が動き出しました!!

 

って初めて、

 

 

そこから、映画宣伝部に話がいきます。

 

 

宣伝部の場合もありますし、

 

 

映画宣伝を専門にやっている宣伝会社もある。

 

 

ということで、

 

 

宣伝部に話が来ました〜。

 

 

宣伝部。

 

なので、宣伝部部長。

 

 

がおります。

 

 

部長に話がいきます。

 

映画プロデューサーがてくてくてく!!

 

 

「ぶっちょさーん!!

 

 

映画つくるよ!!!

 

 

宣伝して!!」

 

 

 

宣伝部長「いいよー!」

 

 

ということで、ということで、

ぶっ長さんは。

 

 

その作品に一番合いそうな人を

選びます。

 

 

が、

 

 

それ以上に、一番宣伝プロデューサーを選ぶときに、

 

 

主役との今までの付き合いです。

 

 

宣伝はもちろんなのですが、

 

 

監督とか脚本家は、

 

なんでしょう。

 

主役に選ばれることは稀ですが、

 

 

宣伝プロデューサーは選ばれます。

 

その人じゃなきゃいやだね。ってやつです。

 

 

なので、選ばれたりしながら、

 

 

宣伝プロデューサーが決まります。

 

 

いつごろ決まるのか

 

それは、

 

安全な映画制作ならw

 

 

ちゃんとテイクオフした映画なのであれば、

 

けっこー最初からいます笑

 

 

そうです、ちゃんとスタートしない映画もたくさんあります。

 

 

だいたいですが、

 

 

映画撮影の1、2ヶ月前くらいです。

 

 

千差万別ですけど。

 

 

急に降ってきます。

意外と笑

 

 

そこから、どんな映画か把握して、

宣伝プロデューサーと、

 

 

こんな感じでいきたい。

 

って話をする場合もあれば、

 

 

まあ、そこは力関係じゃないですけど、

 

 

 

お互いプロデューサーなわけで、

 

 

宣伝プロデューサーは、わりと自分の好きなように、

 

始めます。

 

 

結構、化かしあいじゃないですが、

 

 

あまり口出しされたくない場合は、

 

結構、内緒にいろいろ進めて、

 

 

ひっくり返せなくなるよう外堀を埋めますw

 

 

ここらへんは、どんな仕事でも一緒ですね。

 

 

そこから、その作品へ向けた、

宣伝チームの組みます。

 

宣伝プロデューサーがいて、

あと、数人。4〜5人プラス、状況タイミングにより、

ヘルプで他の宣伝チームに動員頼んだりします。

 

 

宣伝チームのかたち、ポジションについては、

宣伝会社によって、違うので(会社のポジションと同じ)

 

一概には言えませんが、

 

 

プロデューサーを中心に、

チームを組んで、映画を宣伝していく。

 

という形になります。

 

 

そして企画書をもらいそれをベースに巻き込む人(企業を)誘ったり、

 

脚本を読んだり(1、2ヶ月前に出来上がっていればw)

 

原作を読み込んだり、

 

大まかな宣伝プランを考えたり、

 

 

そもそもの企画発表会見を、

マスコミに流したり(ある程度早く宣伝が始められればw)

映画化決定とか(早めに準備できてればw)

 

 

なんてことも、やります。

 

 

 

こんな感じで、映画はスタートしていきます。

 

 

 

やっと映画宣伝プロデューサーが動き出した!笑

 

 

よかった。

 

これが、まあポピュラーな感じだと。

思います。

 

 

そして、

か必ず大きな映画であれば、

 

写真担当(スチール)

メイキング

そして、ライター

 

を、抱えます。

 

メイキングとカメラマンに関しては、

撮影の最初から最後までつきっきりだったりします。

 

 

こんな感じで、準備することは山のようにあって、

 

どんどん仕事が舞い込み、

下手したら2つとか映画を掛け持つ場合もあるので(宣プロ=宣伝プロデューサーを2つ掛け持つことはほぼないが、宣プロと、他の仕事で作品をかけもつことはある)

 

 

電話に出ることができないほど、

 

忙しいです。

 

 

映画が動き出します。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

仕事で依頼するのにオススメ映像制作会社&オススメWEB用動画制作&

格安予算からテレビCM納品とメイキング撮影会社も紹介

オススメ一覧