人生、リズムとタイミング

人生には、出会いとストーリー、シナリオと映像芸術が必要だ。

リスト化.・序章「映像納品作業進行を自分で上手に進める方法」

mosomoso.hatenadiary.jp

crypto-b.com

仕事で映像を納品してください。

と、言われる機会が劇的に増えてると思います。

 

会社って面白いもので、ノウハウをマニュアル化したりあんまりしないんですよね。

 

映像を納品する機会がとても増えた

 

現在どこにでも映像が溢れております。

電車に乗っても動画が流れ、タクシーに乗っても動画。もちろんYouTube、普通のブログ読んでても動画広告が流れ、キュレーションメディアでも動画。そしてそもそも動画のプラットフォームが増えて。

 

どこにでも動画があります。

 

あなたの仕事でも急に

動画納品して

 

って言われることが出てくると思います。

 

急に言われてもよくわからない動画の納品作業

 

写真もそうですが、動画もそうですが、

身近にありすぎて、なんかどうにかなるって思ってるというか。

 

実際そーなんですけどね。

でも、じゃー

 

「これ、会社のサイトにアップしてもいいのか?」

 

とかってことなんですよね笑

 

遊びじゃないから。

本当にこれ。会社の仕事として、

これをサイトにアップして問題ないのか、

事故にならないのか。

 

という、大事な局面なわけです笑

そして、この記事にたどり着いた方も、

きっとそんなことを思っているわけです。

 

「これで、あっているのだろうか」

 

みんなよく映像納品作業をわかってない大きな理由がある

 

最近になって動画&映像(本来は分けて考えるべき単語ですが、今はそこが話題の中心じゃないのでまとめて)が、増えたというのもありますが、もともと映像は作られてきてるし、

何十年も前からありました。

 

なのに、うまく伝わっていません。

なぜでしょう。

 

理由は簡単です。

 

「納品作業の大部分を編集プロダクションの人がやってしまうから」

 

です。

 

「あー、はいはい、やっときますね。最終的なもの、後ほどお送りいたしますので」

 

的な感じで、大事な部分は編集スタジオの方や、クリエーターがやってくれちゃって、

知らなくても納品できちゃうからです。

 

「なんだー。じゃー編集納品の知識って必要ないじゃーん」

 

って、思ったあなた。

大間違い。

 

なぜなら、

 

最終的な納品作業は、誰かにお願いできるけど、最終的な作業に持って行くまでは自分でコミュニケーション取らないといけない

 

からです。

 

とくに、

 

最初の納品形態に関する打ち合わせ

 

が、大事です。

 

そこでつまずくわけです。

だってわからないから。

 

それでもどーにかなるのは、

終わりよければ全て良し。

って精神ですw

 

あなたが、納品形態を、動画制作の流れを理解していないせいで、ものすごく周りの人が迷惑を受けて、負担が2倍3倍、作業時間が2倍3倍になっています。

 

「あの人が間に入ると、仕事進まないよね」

 

ってやつです。

 

 

もちろん、周りの人の作業が、増えるとそれはそのまま自分に返ってきます。

進行が遅いので、締切間近まで延々と作業が続き、時間がない!!ってなってとんでもないミスをしたり、クオリティが低くなったりします。

 

 

そんなの、嫌ですよね?

 

 

なので、しっかり勉強しましょう。

このブログを読めば、

仕事での映像納品作業について、

自分自信で上手にコントロールできるようになります。

 

次の記事で、

ケースバイケースの入り口になるリストを

並べていきます!

 

映像作成&納品確認やり方リスト_仕事の流れでまとめました - 映画宣伝業界で働くと、変な人にぶつかります

 

ありがとうございました。